• グループ紹介
  • メッセージ
  • ヤマサンとの相性
  • 先輩の声
  • よくある質問
  • 採用情報
  • 採用の流れ
  • 山口産業トップへ
トップページ > 先輩の声 > 中谷 和彦
中谷和彦01
中谷和彦02

■具体的な業務内容・全体の中での役割・仕事上の苦労を教えてください。

山口県で唯一の特約取次供給所として、主に県内小中高の教科書・指導書(卸)販売をしています。また各種教材及び関連図書の仕入販売も行っています。しかし近年、供給所の高齢化に伴い、受け持ち学校に対する営業力が衰えている背景もあり、直接各市町村教育委員会・学校などに対しての営業サポートも実施するようになっています。
また付随して、学校教育に必要な普通品(図書・備品教材・(紙)辞書・電子辞書・企画本他)を中心に県内随所にある教科書取次供給所に対して案内(紹介)・斡旋する営業業務をしたりと業務は多岐にわたります。私は10年以上前に教科書供給(株)琴芝営業所の前身である幸太郎本舗外商課において、小・中学校を中心とした外商業務をした経験がありますが、当時の小売とは異なり卸業が主体で勝手も違うため、日々悪戦苦闘しながら営業先の教科書取次店に提案・情報提供しています。

■この会社を選んだ理由は何ですか?

就職活動中、地元山口に帰省した際に「ふるさとセミナー」に参加した際、山口産業(株)と出会い幸太郎本舗の立ち上げを知ったことが直接のきっかけです。
学生時代より映画・音楽が好きだった事もあり、幸太郎本舗の店舗運営・経営に興味を持ちました。また将来的には新店舗展開を目標にしていると聞き、自分の成長を実感できるんじゃないかと感じたことも大きいですね。

■今の仕事のやりがいは何ですか?

山口教科書供給(株)に異動し日も浅く営業力・商品知識は乏しいのですが、少しでも各教科書取次店の信頼を得られるよう定期的に訪問しています。直接顔を合わせて会話する機会を増やすことは信用につながりますね。その甲斐あって、最近では取次店から相談を受けるケースも徐々に増えてきました。

■仕事をするうえで大切にしていることや、今に活きている経験はありますか?

入社以降、書籍・セル・レンタルを取り扱う幸太郎本舗で10年以上、店舗運営に関わってきました。店舗では、社員・アルバイトを合わせると70名前後が在籍。個性派揃いのスタッフをチームとしてまとめるには、意見の対立などから何度も衝突する事もありましたが、色々なタイプの人間と対話し働けた事は一生の財産です。現在は営業という立場で、取引先と日々、対話をしていますが、これまでの経験が活きていると思っています。

■就職活動のアドバイスをお願いします。

就職活動をする際、待遇面を優先的に捉える方が多いのではないかと思います。私も就職活動を始めた頃は、少しでも給与が高く、社歴が長い安定した企業ばかりを中心に探していました。待遇面も人生設計をする上で非常に大切な事ですが、仕事は楽しい事よりも苦しい事の方が断然多いと私自身は感じています。だからこそ、就職活動期に自分と向き合って、自らの個性や適性を重視してほしいと思います。
どこでもいいから就職するのではなく、本当に自分が真剣に、前向きになれる仕事を選ぶことが大切です。就社ではなく就職です。楽しく働くことを目的とした就職活動を心掛けて頑張って下さい。
中谷和彦03

中谷 和彦の一日の仕事の流れ

教科書取次店、営業所・出張所。
愛妻弁当。
各市町村教育委員会、一般書店、学校(小中高校)
一般書店には企画本などの提案。
取次店へ提案する資料・定価表の作成。
Top