代表挨拶

「誠心誠意」ある取引を社是とし、さらなる努力を

当社は昭和33年の設立以来、急速に変貌するエネルギー業界の幾多の波濤にもまれながら
社業の伸展をみることができました。

これはお客様をはじめとする関係者の皆さまからの絶大なるご支援の賜と感謝するとともに、
この成果を得たことは、これまで脈々と受け継がれてきた「誠心誠意」ある取引を社是とし
社員全員これを確守したことであると信じて疑いません。

今後も「誠心誠意」が当社発展の根幹であることを共有し、将来の成長のために、さらに努力
していきたいと考えています。

 

さて、国内石油市場は、世界的な資源価格の変動、ガソリン需要の構造的減少、燃料転換など
の要因により需要減少が予想されます。
このような激変する状況下で、国内石油市場でのシェア拡大を実現するために、当社はより
強固な事業基盤を構築し、多くの課題に対して真っ向から取り組む覚悟を持っています。

また、非エネルギー事業においても、社会に貢献できる事業を一層推進し、お客様や社員、
そして地域の人々にとってかけがえのない企業を目指したいと考えています。

 

今後も皆さまのご声援とご鞭撻を賜りたく、宜しくお願い申し上げます。

伊藤樹包
Top